JCR登録カイロプラクター
WHO基準を満たすために3年間の安全教育プログラムを修了して、JCR登録カイロプラクターになりました。

やっと一息つけるので、少しのんびりしました。

12月から、またセミナーに参加したり、時間をかけて研究していこうと思います。
スポンサーサイト
【2017/11/18 14:05】 | カイロプラクティック | page top↑
プログラム最終試験
今週末に3年間受けてきたプログラムの最終試験があります。

いや~、本当に大変でした。。。。

なんだか、今年の四月に入ったメンバーが受講生のページ見たら減ってる

正直、最初にいたメンバーのまま3年終わる年はあるのだろうかと思う。

とにかく毎日臨床している中で勉強をしていかなくてはいけないので、一気に忙しくなります。

もともと忙しい先生だと、体調が崩れるかもしれないレベルです。

その中でも3年間何度となく挫折しそうになっても続けられたのは、講師の先生方の熱意と同じプログラムを受けている他の先生のお陰です

一つ言えることは、絶対に受講して良かったということ

臨床の中で、再度この内容を勉強する機会はほとんどありません。

でも、内容は臨床家にとって、もっとも重要なことなのです。

時間もお金もかかりましたが、それ以上のものを確実に身につけました

さて、最終試験がんばります!
【2017/10/05 17:59】 | その他・・・ | page top↑
感覚の違いで脳へ信号を送る
空治療院で行う治療は、部分も全体も観察して行います

体の中で、自然な動きから外れていることを観察し、それを修正する信号を脳へ送るのです。

この修正するための信号を体のどのセンサーに対して送るかによって変えます。

分かりやすく言えば同じ部分を刺激しても、温かい刺激と冷たい刺激では、その先の変化が違うと言うことです。

それを、もっと微妙な方法を使いセンサーを通して脳へ信号を送ります。

それを受け取った脳が、自然な動きから外れていることを認識し、修正信号を問題箇所に送るわけです。

感覚センサーの特性を理解して刺激を送ると、脳はすーっと必要な信号を送ってくれます
【2017/09/20 10:48】 | その他・・・ | page top↑
NCMアップグレード
長年使用してきたC3000をアップグレードしました

2度もアメリカに送ることになったり、ちょっと大変でしたが、C5000になって本日から使えるようになりました。

今まではWindowsMeで動いていました。WindowsMeって何?みたいな感じですよね。

接続もUSBではなく、シリアルポートという古さ。。。

今日からはWindows10でサクサク動きます。当然USB接続です

で、C3000とかC5000って何?

あっ、患者さんは分かると思いますが、首の後ろの温度を測る機械のことです。

重心動揺計に乗った後に首の後ろをコロコロするやつです。

14年以上使って初めてのアップグレードですが、お陰様で14年使ったのに今回のアップグレードで新品同様です

これでまた10~15年は使えるかな

C5000

【2017/08/05 16:17】 | カイロプラクティック | page top↑
感覚を取り戻す
問題の起きている筋肉や関節などは、自分の感じている状態とは違うことがよくあります。

当然筋肉や関節の感覚が狂えば、動いたときに想像と微妙な違いが生まれ、それが筋肉や関節を痛める原因にもなります。

それと、筋肉や関節の感覚は脳内に地図化されており、それによって体のどこが動いたかを認識できます。

ちゃんと認識できることは大切で、来院される患者さんの多くもこの認識に狂いがあることが多いです。

実際の感覚は、狂いというよりもぼやけて感じるといったところでしょうか。

調整は、それを再度はっきりと認識させて、感覚からの脳の再設定を行っていきます。

すべての動きに関連することですので、調整後は複数のことが一気にうまくいくようになることも珍しくありません。

そこには、丁寧な観察と神経検査が必要です。
【2017/07/25 20:25】 | その他・・・ | page top↑
やってきました汗の内攻
先日、梅雨らくしくない空梅雨ですね!なんて言っていましたが、大雨をきっかけに梅雨空が続いていますね。

湿度も一気に上がり、やってきました汗の内攻

患者さんのお腹・首の後ろ・ふくらはぎを触ると冷たいです。

これが起こると本当にいろいろな症状が出ます。

汗の内攻は、起こしてしまったら再度汗をかいてきれいにふき取ること

そして、汗をかいて冷やさないことが予防になります
【2017/06/27 09:23】 | 構造鍼 | page top↑
なぜそれをするのか?
構造鍼の治療は、なぜそれをするのかがはっきりしています

その検査は?その触診は?その点を刺激するとどの神経経路やどの体の中の構造が連鎖する?

などなど。

よく患者さんに足の点を刺激すると、それは自分でもできますか?と聞かれます。

もともと構造鍼は、小学生でもできるように作られています。

一番表面の部分は小学生でもできます。

そこから本格的な神経検査で点を特定していくのは、素人ではさすがに無理です。

神経学に詳しくない治療家でも無理です。

最低でも神経学の基礎が理解できていることと、体の構造物の動きの連鎖などを動作から瞬時に読みとれないと難しいです。

構造鍼には勉強会が3つあります。

どれも、もう何年も続いています。参加していただいている先生方は皆さん勉強熱心です。

こうして、構造鍼が少しずつ確実に多くの患者さんの心と体の健康にお役に立てればと思います
【2017/06/27 09:16】 | 構造鍼 | page top↑
体内リズム
体の中は一日の中でも変化しますし、月齢などによっても変化します。

どれも自律神経的な変化で、体の元気度・軽さ、逆に痛みやだるさにも影響があります。

体の中が環境の変化に適応しようとすれば体は軽くスムーズなことが多いですが、

適応しにくかったり、過度に環境の変化に対して体が動いても疲れますし、だるい感じがします。

梅雨時期ですが、今年の名古屋は空梅雨で雨が少ないために湿気による影響は少ないです。

毎年この時期は「汗の内攻」のことを記事に書きます。

蒸し暑く、皮膚の表面に汗をかいてそれが冷えることにより、あらゆる痛み(頭痛・腹痛など)や精神的落ち込み、食べ過ぎなど体がうまくコントロールできない状態になります。

この状態になった場合、解決方法は再度汗をかいて、乾いたタオルでしっかり拭き取り、冷やさないことです。

外が暑くて、冷房の強くかかった建物などにはいると、この汗の内攻を起こしやすいです。

首の後ろの汗は特にちゃんとふき取りましょう
【2017/06/19 19:19】 | その他・・・ | page top↑
パソコンのデータ移行
パソコンを新しくしました。

携帯でもそうですが、最初の設定が大変。

ソフトを入れたり、使えるまで時間がかかります。

落ち着いたら、記事の更新をしますね
【2017/06/17 19:21】 | その他・・・ | page top↑
GWもあと少しですね!
GWも明日で終わりですね

皆さんは、どこかへ行かれましたでしょうか?

私は前半は受講中のカイロプラクティックのプログラムのスクーリングを東京で受けました。

今回は少し早めに終わったので、所属する協会に顔を出したり、住んでいた池袋の町を散策したりしました。

20年経っても変わらないところもあれば、がらっと変わったところもあります。

池袋に行くと、ジュンク堂に行くのですが、やはり池袋のジュンク堂は凄いです!

きっと本好きは一日いても足りないでしょうね。

あと驚いたのが、池袋の北口・・・治療業界の専門書店「たにぐち書店」が移転していたことです。

前の店舗も決して大きくないですが、もっと小規模になってました

有楽町→池袋→東池袋→池袋

という感じでフラフラと。。。まみ散歩です

途中壁一面めがねという不思議な店を見つけました。有名らしいのですが、壁一面店内も。

ちょっと気持ち悪かったです。笑

今回でプログラムのスクーリングは終了なので、やっと一息といったところです。

このプログラム次回の8期生で終了だったはずが、HP見たら期間が伸びていてビックリ。

まぁ、3年間本当に大変ですが、ものすごく勉強になることは確かです。

私は、これで業界の学生は8年やりました。

セミナーは無数に受けていますが、学生はセミナーよりも内容が基礎的ですが大切な部分を学習できます。

人の体に触れる以上ずっと勉強は続ける必要があると思います。

さて、あと半年レポート、最終の試験に向けて頑張ります
【2017/05/06 10:52】 | カイロプラクティック | page top↑
| ホーム | 次ページ