制御系(神経系)と構造系(膜性)
放置したので、ブログのトップに広告が・・・。

着々と研究が進み、制御系と構造系の形ができてきました。

制御系は、神経的な運動制御に対する考え方。
構造系は、膜性の張力バランスに対する考え方。

その2つを合わせるとテンセグリティー構造の形になります。

それぞれ検査する方法。合わせて検査する方法。

それらを使い、機能と構造を診ていきます。

スポンサーサイト
【2011/11/29 16:15】 | カイロプラクティック | page top↑
| ホーム |