使えるようになるまで。
どんなことでもそうですが、自分が使えるようになるまで練習しなくてはいけません。

その自分の使いやすい形が見つけられるようになるためには、そのできるようになった

あとの自分が想像できないと「何となくやる」感じになってしまいます。

この検査ができれば、あの患者さんの状態を分析できるんじゃないか!

など、そういう目的をもって練習すると体に入りやすいですし、精度もよくなります。

無駄な力が入っている状態で検査すると、その余分な力で患者さんを緊張させたり

検査結果も捉えにくくなります。

その余分な力がないのがプロなんだと一流の職人や一流のプロスポーツ選手を見ていると思います
スポンサーサイト
【2012/02/21 11:28】 | カイロプラクティック | page top↑
点と点と点が線に・・・。
問診・検査・治療・・・この3つが線になる。

問診も現病歴・既往歴・家族歴・社会歴などで線になる。

検査も治療も同じ。点と点を結んで線になります。

でも、この一つ一つの丁寧さや精度によって、その先は大きく変わります。

問診が、丁寧なら余分な検査をしなくて済みますし、何より患者さんが丁寧に話を聞いてもらえたと

思うでしょうね

点と点は、バラバラでも最終的にはそれが線になり形になるわけですね。

やはり、一つ一つを丁寧にやることが重要です
【2012/02/19 21:46】 | カイロプラクティック | page top↑
検査の精度
検査の精度について

検査といっても、プラス・マイナスだけで表すのでは一部分しか見ないのと同じです。

プラスとマイナスに当然幅があり、それがまた何を表しているのかをよく知ることが重要ですね。

特に人の体で養命酒のCMじゃないですが「未病」の状態は、プラスマイナスの検査では分かりません。

東洋医学では、それを「証」という考え方で分類します。

「証」とは、「東洋医学の理論での状態を現す分類」です。

そう、この状態はプラスマイナスで判断できるものではなく。ものすごく曖昧なものです。

だからこそ、曖昧を分類するために分類法が存在するわけです。

簡単なところで言えば「八綱」というのがあり

「陰、陽」
「虚、実」
「寒、熱」
「裏、表」

をそれぞれ、どれにあてはまるかを分類する方法です。

それも、東洋医学で言う「四診」

「望診」・・・顔色や皮膚の色つやなどを外面から観察する
「聞診」・・・体臭や声などを観察する
「問診」・・・所謂問診
「切診」・・・脈やお腹の状態などを直接触れて観察する

東洋医学では、こういったものです。

空治療院では、体の状態・機能状態(病気であるかないかではなく)を観察します。

これが、慢性疲労や電磁波過敏・化学物質過敏・アレルギーなどの反応を検査するのに非常に重要なんです。

検査の精度は、ただ検査の経験を積めばいいというわけではなく、やはり基礎原理をしっかりと押さえることが重要です

検査の原理を深く理解しただけ、精度が上がります
【2012/02/13 18:58】 | カイロプラクティック | page top↑
本棚整理中!
本棚に入りきらない本が、大変なことになり整理中。

ヨガのポーズ(アサナ)って、屈筋と伸筋の抑制と興奮のバランスを取る意味もあるんです。
(屈筋は、文字通り「曲げるときの筋肉」、伸筋は「伸ばすときの筋肉」。)

それが、色々な変化を身体に起こす。

運動には大なり小なりこのシステムが影響します。

昨日の話、立っていることも伸筋が興奮しないとできないですからね。

橋網様体脊髄路とか、前庭脊髄路とか・・・。まぁ色々関与します。

空治療院の検査は、そういうことも考えながら総合的に判断します。

P2083556_convert_20120208115515.jpg
【2012/02/08 12:10】 | カイロプラクティック | page top↑
余分な仕事をさせていませんか?
体にとって、立っていることも仕事の一つですね

立っている事ってすごいことなんです!

だから、風邪を引き熱出したりして調子が悪くなると、横になりたくなりますよね。

これは、少しでも体のお仕事を減らして回復するためのシステムが働くからです。

朝起きて、「だる~」と思うようなら、起きること自体がその時の体にとっては大きな仕事と言うことになります。

しか~し、人間適応力というのがありまして、毎日その生活を続けているとちゃんと動けるようになります。

と言いながら、今の時代朝から疲れている人多いですよね。

やる気がわいてこない人たちの集団が電車に乗ってます

基本的なことですが、食べ過ぎ・飲み過ぎ・運動不足・夜更かしは、よくありませんよ

今日の題の「余分な仕事」は、↑の4つのことですね。

空治療院では、日常の生活から来る身体の変化を捉えながら調節をして、また健康を取り戻せるように体を誘導します。
【2012/02/06 19:52】 | カイロプラクティック | page top↑
冷えの入る場所
う~、寒いです。名古屋にしては、すごい雪でした。

この時期は、首から冷えが入りやすいです。

首と足首、どちらも自律神経に大きな影響を与えます。

冷えが入ったと思ったら、その部分だけ蒸しタオルを当てたりして暖めます。

この2カ所が冷えて動きが悪くなると本当に色々な問題が起きますので要注意!

【2012/02/03 13:37】 | カイロプラクティック | page top↑
| ホーム |