食物アレルギーと観光
昨日の夜「NEWS23」だったかな?で「久米島が食物アレルギーの観光ツアー」を

企画しているというのをやっていました。

久米島は、近年観光客が減る一方で何とか打開策を練っている時に

スタッフの一人が「食物アレルギーの子を持つ親の会」の方にお会いになったのが

今回の企画のはじまりだそうです。

宿泊先のホテルの料理長が1から調べて食材・環境・調理器具(他の調理に使ったものは

アレルゲンが付着しているかもしれないので使えない)などを管理していました。

こういったことを食物アレルギーの子供を持つ親は、毎日やっているわけです。

事前のミーティングで親と料理長で材料やどの段階でどういう調味料を使ったかなどの

話が出ていました。

その後にモニターとして来た食物アレルギーを持つ子どももすごくうれしそうに

料理を食べていました。

普段はとても外食などできない子どもたちです。

アレルギーの中には、生死に関わるものもあります。

こういった人たちが、旅行や外食できるような環境が整ってくれるといいなと願っています。
スポンサーサイト
【2008/01/15 11:06】 | その他・・・ | page top↑
| ホーム |