大切にすること
あついですね~!

夏バテの方が増えております。たまには温かい飲み物を飲み、汗がでたら確実にふき取る。

夏バテ予防の一つです。

今日は、「大切にする」ということについて。

人は、生きていく上で誰かから教わらなければならないことがたくさんあります。

我々の業界でも、あらゆる治療法の勉強会やセミナーがあります。

これは、その講師の人やそのまた先生などが「大切な」熱意と時間と労力とお金を

使って育て上げてきたものです。

それを教わる場合、「お金を払っているからいいや」とか「適当に」とかそんな感じで教わる人は

まず物になりません。

そういう人は、失礼なので教わる資格はありません。(←と思います)

それは、たった一言の言葉かもしれませんが人生をがらっと変えてしまうかもしれません。

教わる側は、その教わったことの裏側のことが読めなければ

その教わった?ことは「ただの情報」に終わります。

「大切にすること」

相手の苦労やそれができあがるまで、それを見つけるまでの過程を感じ取ること。

昨日、鍼灸学生の同級生(といっても年上の方)と電話していて

相手のそういう努力や発見の過程が読めない人は、大体その人ほど「そのこと」を大切にしないよ

ね。という話になりました。

コロンブスの卵ではないですが、「な~んだそんなこと」と思うことでも

それを発見するまでの苦労がある訳なんです。

どんな世界でも2番手は、簡単です。

どんなに簡単なことでも、それを作り上げたり・そのアイディアは、「大切な」なんです。

だって、その人の「大切な大切な」努力と熱意の結晶ですから。
スポンサーサイト
【2008/07/26 08:51】 | その他・・・ | page top↑
| ホーム |