一つの道?
今日の患者さんで、足の色が真っ黒だった方がいます。

「だった」です。

以前は静脈が浮き出て青紫になってましたが

今日は、その部部がなくなっていました。

ないことが不思議で探してしまいましたが、なかったです。

下腹部の張りや、尿意もなくなり、元気になってきたところです。

「なぜ、下半身に問題があるのに首を調節するんですか?」と

質問されます。

それは、治癒力の大本が頭の中にあり、その頭が傾く(上部頸椎がが歪む)ことで

その治癒力が発揮されていない結果として下半身に問題が起きているからなんです。

症状は、観察はしても調整はしません。

調整するのは、上部頸椎(頸椎1番・問題がある時のみ)です。

その後、治癒力が正しく発揮されれば結果はついてきます。

ちなみに、ボキっと上部頸椎を調節して可動性が向上するのと

上部頸椎カイロプラクティックで調節するのは、全く意味も結果も違います。

スポンサーサイト
【2008/09/10 17:44】 | カイロプラクティック | page top↑
| ホーム |