体の状態
今回は、体の状態の話。

これは、過敏症にしても何にしても、ある人は症状が出て

なぜある人は出ないのか?の話にもなります。

まずしたの画像・このオブジェ片側を押すとシーソーが動きます。

右に行ったり左に行ったり・・・。

これが健康な状態、当然さびてもいませんのでスムーズです。

200810130822000_convert_20081013202143.jpg


次の2つの画像

どちらも片側に傾いていますが、状態が全然違います。

一方は、片側に何もなくても傾いている。

もう一方は、片側に「重り」が乗っています。

通常体は、こうやって柔軟性を失い・さびて・固くなっていきます。

この「重り」は、生活習慣であったり・仕事のストレスであったり・食べ物・化学物質・農薬などなど

でも、この「重り」それほど重くないうちならば、自力で振り落とすことができます。

汗をかいたり・解毒したり・ストレス解消したり(長い間思い悩まない)。

しかし、その時に勢いがないと軽くても振り落とすことはできません。

このシーソーの「勢い」というのが生命力(流れ)がどれほど発揮されているかということです。

200810130822001_convert_20081013202206.jpg
200810130826000_convert_20081013202227.jpg

その「勢い」が発揮されているか否かを私の場合「上部頚椎」で判断します。

私がこの上部頚椎にこだわるのは、この部分は自力で動けているのかそうでないのかが

はっきりと判る場所だからです。

上の傾いている2枚の画像の状態は、比較的簡単にスムーズな状態に戻ります。

そして、あらゆるものに過敏ではなくうまく適応できるようになります。

さて、次の画像の状態。

これ一見バランスが取れていますし、揺らしてもゆっくりではありますがある程度揺れます。

今、こういう状態の方が非常に多いです。不定愁訴の方達も、この状態が多いです。

この人の片側の「重り」を一本とるとどうなるでしょうか??

当然、急激に傾きますよね。

こういう状態を観察せずに揺さぶると(体を変化させると)急激にバランスを失います。

200810130826001_convert_20081013202249.jpg

そして最後の画像・電磁波過敏症・化学物質過敏・アレルギー・慢性疲労などの人たち。

見ておわかりのように、体に偏りが起こっています。

体の「流れ」を止めるドアに鍵がかかった状態です。

200810130906000_convert_20081013202315.jpg

この鍵のかかる方向は簡単に言うと4方向の中の一方向しかありません。

その方向は、人によって違います。

その鍵のかかっている状態を「パターン」といいます。

そのパターンを解除することで「流れ」がもどり一番上の画像の状態に戻るのですが

しかし、これは単純にはいきません。

この状態は、上部頚椎の診断も多数の霧がかかった状態で正確にできません。

この「霧」マスキングされた状態では、先が見えませんので

まず、マスキングしている状態を分析します。

原因の「反転」したものを使い、観察をします。

このマスキングの「原因」は、食べ物・飲み物・嗜好品が非常に多いです。

体が今、変化に耐えられるだけの状態か否か。

もしその体力すらもない場合は、しばらく「反転」を使って少しずつ氷の状態を溶かします。

その後、霧が少し晴れてきたところで変化を観察します。

上部頚椎や全身がどう変化しているか。

つづく・・・。
スポンサーサイト
【2008/10/13 08:36】 | カイロプラクティック | page top↑
| ホーム |