体の状態・その2
上部頚椎といっても

頭蓋骨
頚椎1番
頚椎2番
頚椎2番から頚椎7番
頚椎2番から腰椎・骨盤・股関節との関連性
など

を同時に調節します。

これは、刺激を与える場所は一カ所(頚椎1番)ですが

その刺激を与えるときに、ほかの条件をいろいろと変化させ設定を行った状態で

刺激を加えると言うことです。

例えば、同じ一カ所の刺激でも仰向けと横向きうつぶせ・また足を曲げる・伸ばす

だけでも結果は、全く異なったものになります。

下の画像で言うと、「太陽の絵」のパーツを正面に向けようとすると

真ん中の「鳥」も一番上の「Blue」のパーツももっと左を向いてしまいます。

そのように一つずつの刺激だと他のどれかがまた問題を起こす可能性があるわけです。

200810130940000_convert_20081013202359.jpg

それを、上下のパーツを正面に向けて真ん中のパーツだけがずれた状態で

その真ん中のパーツのみに刺激(調節)を与えると、その刺激が上下も

合わせるように波及します。

簡単にイメージして頂くと。

私自身、骨がずれるという認識はありません。

「張力」のバランスといったところでしょうか。

上下左右前後・回転などの関連性がスムーズかどうかということです。

まぁ、人の体は複雑ですから、この積み木のように簡単ではありませんが(笑)。
スポンサーサイト
【2008/10/13 08:47】 | カイロプラクティック | page top↑
| ホーム |