EAVと治療
空治療院では、EAV(エネルギー測定器)を2台使う。それぞれの特徴があり

得意な部分が違うからです。

よくEAVで、数値が50になったとかならないとか言いますが

私は、この数値は簡単には変化しないと思います。

これが簡単に変化する場合は、変化するレベルの比較的健康な人だということです。

あとは、測定者が故意に測定値を変えているか・・・。

昨日も健康オタクの患者さんとすべてを50にするというものの話をしているときに

その場ですべて50にするということはどうやってやるのかをお見せしました。

これをやるには、コンピューターのEAVでは無理です。

波形の波がそのまま現れますので、ねらった数値に近づけるときに

波形に微妙なブレが現れます。

私が重要視しているのは、数値よりもインディケータードロップ。

インディケータードロップというのは、コンピューター上のグラフが一度上がり

その後その状態を維持できなくて下降する現象を言います。

EAVの測定としては、

1.インディケータードロップを改善する。

2.数値の改善を目的とする。

の2段階に分けられます。

空治療院では、

1の「インディケータードロップの改善」は、今のエネルギートキシン(脳が神経や筋肉などを

緊張させると判断した物質)からの解放。

2の「数値の改善」は、慢性的に長い間影響を受けたエネルギートキシンの

特定と解放。

だと考えています。

体が患者さんに持たせた物質をエネルギートキシンと判断した場合に

皮膚に特殊な緊張が現れます。これを捉えるのがインディケータードロップです。

空治療院では、まずインディケータードロップを改善する物質を探し出し

その原因物質に影響を受けていた深さを調べます。

そしてその物質に絡んだ「感情」を導き出して、もう1度測定をします。

この測定によって、あるエネルギートキシンに反応しているときの状態が

正確に出すことができます。
スポンサーサイト
【2009/03/03 08:37】 | エネルギー測定 | page top↑
| ホーム |