EAVと治療・その2
EAVの測定をしていると、患者さん自身が覚えていないようなことを

測定結果が現すことがよくある。

過去にかかった病気や病気の時期に接触していた食べ物や環境など。

その時点の患者さんの体をよくする方向の電気情報が

その原因になったもので、細かくは書けないが

問診時に患者さん自身が言っていなかったことが出てくる。

これが出てくるのも、インディケータードロップを中心に測定しているからです。

空治療院のEAVは、私が使いやすいように特別仕様になっています。

同じEAVの会社から買っても、入っていないようなデータが入っていたりします。

実際に体を触ってみて、必要なものがデータとして入っているので

使いやすさ抜群です。

スポンサーサイト
【2009/03/03 12:02】 | エネルギー測定 | page top↑
| ホーム |