空手の稽古へ行く
昨日、数年ぶりに空手の稽古に行ってきました。

治療の最中、何故か急に・・・体を動かしたくなったんです。

空手着も空治療院に置いてありますし。

空手着を着て帯を締め、正座をして目を閉じると、神聖な気持ちになれます。

私にとって、白衣も空手着も特別な気持ちへ変わる「変身スーツ」の様な物ですね。

脛と脛がぶつかり合う時の心地いい痛みが懐かしく、約2時間ほど、稽古に参加させて頂きました。

初めて空手着を着てから20年近く経ち、空手の稽古の「体で覚える」が今の治療の練習にも役に立っていますね。

下手でも、自分の動きになるまで諦めずに続ける。

それが基本ですね。


本当に気持ちがスカッとしました。

館長、他の生徒の皆さん、ありがとうございました<(_ _)>
スポンサーサイト
【2010/05/22 08:35】 | その他・・・ | page top↑
| ホーム |