読むということ
読むということ・・・非常に難しいです。

「読む」ためには、知識・経験・勘などいろいろな要素が必要です。

まずは、知識。

それを見て、なんだか分からなければ、先はありません。

それが何かを知っていたり、似たものや経験をして予測をできなければ判断できません。

毎日勉強をして、分析能力を高めること。

それを続けることが、経験への第一歩です。

勉強し、研究し、また勉強をする。

毎日・毎週・毎月・・・ずっと。

それをまじめに続けると、何となくの「勘」が生まれてきます。

それをまた調べて、勉強して・また経験を積んで。


我々治療家は、「勉強」「経験」「勘を磨き」・・・それを繰り返す。

毎日毎日・・・それをずっと続けると「体を読む」ことができるようになります。

「体を読む」ことを毎日続けると「○○を読む」ことができるようになると思います。


勉強しない人は、人に触る資格はありません。
スポンサーサイト
【2010/09/04 17:38】 | カイロプラクティック | page top↑
| ホーム |