子どもの頃の楽しいこと
子どもの頃の楽しいこと・・・どんなことでした?

砂場?ジャングルジム?鉄棒?シーソー?

鬼ごっこ・木登り・オママゴト・シャボン玉・風船

草滑り・缶蹴り・ゴム飛び・・・・

などなど。

どんな遊びを楽しく感じ、どんな遊びをたくさんしたか。

そしてどんな大人になっていくか・・・。

子どもの頃の刺激って、大人になるために非常に重要なんです。

その刺激は、体のバランスにとっても、人間関係にとっても、ストレス発散の仕方にとっても

あなたは、どんな遊びが好きでしたか?

今でも、ワクワクする遊びありますか??


あっ、最近紙風船にはまってます。



最近「こうすると、こうなる」みたいな教育が増えてるし、逆に何でも自然派みたいなものも

風邪を引かない強い体にするとか言って、寒い格好させたり、裸足でいたり・・・。

え~、風邪引きますよ。そして、体の奥に冷えが入り鈍いからだができます。

体の鈍さは、感情の鈍さにもあらわあれます。

軽く動ける程度で寒くない格好で、外で遊ぶ。

私の子どもの頃、当たり前のことでしたが・・・。

靴も足からの感覚が鈍くなるような靴底の良いもの?が増えました。

じゃあ、ぞうりがいいか?裸足がいいか?・・・夏はいいですよ。でも冬はね~。

逆に言えば、夏は色々できます。

夏は、動的。冬は、静的に過ごすべきです(静的ってジッと室内でという意味ではないですよ)。


それから、風邪引いたらどうするか? そんなのは決まってるでしょ。

温かいもの飲んで、さっさと寝る!とにかく寝る。

人間も動物です。疲れたら、寝ましょう。お金もかかりません(笑)。
スポンサーサイト
【2010/12/02 14:29】 | その他・・・ | page top↑
| ホーム |