やっぱりEAV!
たまに、自分の体の状態を知るためにEAVで測定を行います。

今日は、神経系とアレルギーベッセル・ホルモン系でドロップが起きました。

私は、自分の体調管理もEAVで行います。

気の流れは目に見えませんが、身体の中を流れます。

その流れに滞りが起きると、その流れに沿った緊張が生まれます。

実際には、筋肉の緊張や張り感です。

自覚症状がないレベルの滞りも発見できるため、早期に処理できます。

EAVでは、どの経路にそれがあり、どうすれば解除できるかを確認できます。

筋緊張の起こる原因も物理的なものやストレス・電磁波・ジオパシックストレスなど色々あるために、それに合わせた処置方法を採用します。

それも、EAVが表します。
スポンサーサイト
【2010/12/04 23:53】 | エネルギー測定 | page top↑
| ホーム |