治癒とは、自分から起こるもの
体が本来の機能を取り戻すとき、それは他動的でない方がいいんです。

やはり、自分で感じて「取り戻した感覚」や「治癒」は、元に戻りにくい。

治療者でもカウンセラーでもセラピストでも医者でも、なんでもそうだと思いますが

治療や何かを行うに際しての「雰囲気」作りが重要だと思います。

今まで、私が色々な人を見てきた中で、相手との空間を上手く作ることができる人が

治療やセラピーも成功している確率が高かったです。

なんだか、世間話をしているだけのようでも、「すごくすっきりしました!」といって帰る人や

ジッと何も話さなくても、帰りには「楽になりました。」ということもあります。

今日の患者さんやクライアントの状態に合わせて「雰囲気」を作れることが

一流である要素の一つだと思っています。

そしてその雰囲気とは「自ら変わりたい」という気持ちを導き出す雰囲気ですね。

う~ん、私も一流を目指し頑張ろう!
スポンサーサイト
【2010/12/14 17:25】 | セラピー | page top↑
| ホーム |