パニック連鎖
東日本大震災で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

ここ名古屋は、あの大震災の日も軽いめまい感のような揺れだけでした。

その後も、すこし余震はあるものの、いつもと変わらない日常です。

しかし、名古屋も地震後に変化が

電池や懐中電灯・水・カップラーメンなどが売り切れているのです。

昨日も患者さんが「お米が売り切れでないですよ。」と教えてくれました。

皆さん、お店に行って売り切れの棚を見て慌てて他の店を探し、そこにあるものを

必要以上に買い占める・・・。

不安な気持ちがあるのは、皆同じです。

名古屋への物流は西側からはストップしていません。

確かに不安だと思います。チェーンメールを送ってきた友人もいましたし。

大きな地震がある度に、ホームセンタ-やスーパー等には災害対策コーナーができて

なんだかな~と思います。

テレビでも、やっとドラマやバラエティーが放送され始めました。

テレビの威力は絶大です。一日中、地震関連とAC(公共広告機構)のCMだけ見せられたら

被害を受けなかったこれから支援を行える力のある地域まで不安になります。

被害を受けていない地域ではパニックを起こさず、

被災地へ「必要な物資・元気な力・冷静な対応」を届けられることを祈っています。

私も微力ながら、治療費の一部を募金させて頂いております。

皆さん、力を合わせましょう!
スポンサーサイト
【2011/03/17 09:31】 | その他・・・ | page top↑
| ホーム |