木も見て、森も見て、森の季節による変化も見る
「木を見て森を見ず」ではなくて「木も見て、森も見て、森の季節による変化も見る」

・木を見ることは一部を見ること(筋肉や骨格や臓器)

・森を見ることは、木の集合体を見て調和を見ること(神経学やエネルギー的な機能調和)

・森の季節による変化を見ることは、他の環境への適応力を見ること(アレルギー・ジオパシックストレス・電磁波など)

人の体を診る場合、上記のすべてを観察する必要があります。

部分でもいけない、全体でも足りない、全体とその周りとの関係も見る必要があります。

スポンサーサイト
【2011/04/23 09:56】 | セラピー | page top↑
| ホーム |