体の記憶
患者さんは、体にいろいろな記憶をためて来院されます。

記憶って、脳にされるんじゃないの?

そうですね。でも、例えば鉛筆ダコも私にとっては記憶の一つですし、

腰痛の方が腰や足の筋肉を緊張させているのも何かが記憶されてリセットされにくい状態と診ます。

あっ、爪にもそのころの栄養状態が現れたりしますし、髪の毛にも麻薬の反応とか出ますよね。

当然、人相にも手相にも・・・。

足の形にも出ますし。

あらゆる場所に生きてきた痕跡を残しているわけです。

その場所をよく観察して、それに動きの観察を足すと、もっと精度が増します。

その記憶が、体の機能を邪魔したとします。それを探す。それを解放する。

あとは体が勝手にやります。

カイロプラクティックでは、それがよく起こる部分を経験的に分類しているテクニックが多いです。

不思議なことにテクニックによって場所が様々なんです。でも、どのテクニックでもそれなりに良くなる。

中には、劇的変化っていうのもあります。

そのテクニックごとに人の体を分析して、重力や動きの中での支点を考えています。

あとは、そのテクニックを使う人が、テクニックの背景(哲学や理論など)に共鳴したかどうかです。

そのテクニックごとに癖がありますし、施術者との相性もあります。

空治療院のテクニックは、私が好きな方法です
スポンサーサイト
【2011/05/07 08:24】 | セラピー | page top↑
| ホーム |