スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
教科書・・・の落書き
P6172988_convert_20110617223624.jpg

鑑別診断の重要性。痛みの中には、内臓病変由来のものがある。これは、本当に気をつけないといけない。手技療法士や鍼灸師も見えない体の中を判断する技術を学んでいる。それでも、怪しければすぐに病院へ行ってもらわなければいけない。何でもなければそれでいいのだから。写真は、鍼灸マッサージ師養成学校時代の教科書とエンタープライズ「セラピストのための鑑別診断」。


P6172989_convert_20110617223522.jpg

なんじゃこりゃ~!!!臨床医学各論の教科書を開いたら、こんな落書きが~!!!鍼灸師になった後にすぐにヤフオクとかに教科書を出品している人がいるけど信じられないな~、これから臨床に出た時に学生時代以上に役に立つのが教科書なのだ。何年経っても、学生時代の教科書が一番基本なのだ!
スポンサーサイト
【2011/06/17 22:42】 | 全然関係ない | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。