食品反発について
空治療院では、中学生くらいまでの患者さんは「食品反発」の検査をします。

実際には、食品だけでなく化学物質・繊維・洗剤・天候・電磁波(音・光も)・地磁気などについても検査します。

これらに強い反発があると、感覚入力(特に筋紡錘やゴルジ腱からの)が正しく行われず前に進みにくくなるからです。

子ども達は、この反発を解除しただけで大きな変化を起こします。

逆に言えば、いかにそういう反発で体を制限しているかということです。

体の機能を保つためには、感覚入力が非常に重要なのです。

空治療院では、上部頸椎周辺に変化を起こす「反発」を特に注意して観察します。

そうしないと、調節して帰りにご飯食べたら歪みが出るということになりかねないですからね。

当然、頸椎周辺にアンバランスが起こると姿勢反射(前庭頚反射など)が起きにくくなります。

それ以外にも、目を閉じてその場足踏みをすると反発するものと接触した後では位置のズレが大きくなったりします。

この反発を解除することで、バランス感覚や自転車の運転・発声・視力・反射的な動きなどなど色々なことが
スムーズになります。

本当に、色々なことが関わっているんですよ~。
スポンサーサイト
【2011/10/06 09:20】 | セラピー | page top↑
| ホーム |