検査の精度
最近「検査の結果を、別の検査結果と比較する」ことをやっています。

これは、短時間で効率よく確実な結果を出せる方法を探しているからです。

今やっている検査は、誰か別の人がやったら違う結果が出てくるものではなくて、誰がやっても少しの誤差しかないものを比較しています。

検査結果のデータが集まってきて分かったことですが、人間って時期(問題の進行)によって色々な変化をするんです。

当然といえば当然ですが、今回の検査結果はセミナーで教わったこととは違いました。

セミナーで教わったのは、その先(もう一段階問題が進行した)の状態。初期には、逆の結果が出ます。

不思議なことにEAVの反応過程は、正確にこの状態を捉えていますね!

これで、また状態を捉える一つの情報が増えました。

中医学で言う「太陽病」から始まって・・・。のように進行にある程度のパターンがあると考えています。

それを、今やっている検査でAという反応なら、どの段階というように結果をまとめたいと思っているんです。

・自律神経の状態
・食品や化学物質に対する反発の度合い

など

他にも、皮膚の過敏性と腱反射の研究もしています。

これは、ものすごく面白いです!!!
スポンサーサイト
【2012/05/07 11:30】 | カイロプラクティック | page top↑
| ホーム |