基礎を繰り返す
暑い日が続いております

夏ばてには、高カロリーではなく、2~3食軽い食事にすればグンと回復しますよ。

あとは、やっぱり睡眠です。寝不足は、内臓にも負担がかかります。

さて最近の研究、ずっと基礎的な部分を繰り返しています。

人の体って、条件・環境によって全然違う反応をします。

最近のブログにも書きましたが、自分の先生と違う結果とか、大家といわれる人同士でも違う結果が出たりします。

それは、検査を受けている人が生きているという証拠ですし、健康でもあるということです。

本当に悪くなると、環境や条件による変化が起きなくなります。

「止まる」ということですね。

人の生命は、いつも揺らぎながらある程度の範囲で体の状態を保っています。

このある程度の範囲が「健康」の範囲にいるのか、「未病」の範囲にいるのか、そして「未病」なら原因はなにか。

空治療院へいらっしゃる患者さんは、この「未病」の範囲にいる方がほとんどです。

病院へ行っても、原因が分からず調子が悪い。

空治療院の検査法は主にこの部分の状態把握を得意としていますし、どのレベルの「未病」なのかも分かります。

それは、外部環境への適応力・自律神経の状態・脳と神経の疲労レベル・脳からの姿勢維持の為の信号の強さなど、そういったものを総合的に判断します。

この検査は、大きく結果が出るものではなく、微妙な変化を読みとっていくことになります。

大きな検査では、大きな結果は分かりますが、細かい精度を持った検査であれば、細かい結果を読むことができます。

そのためには、やはり応用・応用ではなく、基礎をしっかりして観察し続けることが一番だと思います。

スポンサーサイト
【2013/07/28 13:24】 | カイロプラクティック | page top↑
| ホーム |