構造鍼と梅雨時期の自律神経
名古屋は蒸し暑いです

ブログの記事を書いては保留にしてという繰り返しで、20以上の記事がたまっていますが、全部お蔵入りです(笑)

なぜかって? 細かすぎて表に出せない内容を書いてしまうんです

本来一般の人に見て頂くブログは簡単に分かりやすく書く物なのでしょうが、どうしてもオタクっぽくなってしまうんですよね。

今日は梅雨の時期と自律神経。

梅雨時期は、調子の悪い人が多いと思います。

毎年書いていますが、頭痛・鬱気分・胃痛・下痢・蕁麻疹・神経痛などなど様々な症状が起きやすくなります。

空治療院でも、そういった症状の患者さんが増えます。

実際には、症状に対して治療をすることはありません。

構造鍼の分析を基礎にして調整をしていきます。

人間には、やはり高機能でいやすい環境があります

構造鍼は、筋肉・内臓・骨格だけでなく、筋膜や硬膜・内臓間膜などを調節します。

自律神経を検査機器などでモニターして、調節後の変化を患者さんと一緒に見ていきます。

構造鍼は、そっと調節をしますが部分的にははっきりと調節している感覚を感じます。

梅雨の時期の調子の悪さは、体の中で特徴的に反応する部分があります。

不思議なことに健康な人は調節してもしなくても「湿度」によりこの部分が変化を起こすのですが、調子の悪い人は比較的湿度の低い日でもその部分が硬く動かないままなのです

構造鍼で調節をすると、身体や自律神経がちゃんと湿度の変化に対応するようになります。

これだけで、かなり梅雨の時期が楽になります

毎年この時期だけ調節に来る患者さんもいます。

日本は四季があり、その時々で身体が変化します。

それをスムーズにするのも構造鍼が得意とするところです
スポンサーサイト
【2014/06/20 08:04】 | 構造鍼 | page top↑
| ホーム |