安らげる時間
人の身体は、あらゆるリズムがあって波があります。

その波の中でも「静かな揺らぎ」があることが重要です。

心拍で言えば、心拍変動と言います。

心拍数は、一定が良いと言われていた時代があったようですが、今は自律神経が強く正しく働けば「揺らぎ」が発生し、その揺らぎを分析することで、自律神経の働きを見ることができるといわれています。

一日の中でも、揺らぎがあり心臓の一回の拍動の中でも揺らぎがあり、これがなくなったり大きすぎると、やはり何かあるかなと考えます。

空治療院は、「未病」の状態を分析して、健康を取り戻すことを主に行っています。
未病を調べると養命酒がトップにでてきます笑

一日の中で「安らげる時間」を持てるかどうかは、健康に強い影響があります。

「安らげる時間」なんてあるわけないだろ!!とおっしゃる方もいるかもしれませんが、まぁ1~2分間でもいいのです。ボーっとしながら、呼吸をゆっくりにしてみてください

腹式呼吸でも胸式呼吸でもなんでも構いません。「ゆっくり」が大切なのです。

それが、少しずつ人の体の中で静かな揺らぎを作るようになります。

そして、積み重なり「未病」が少しずつ健康へ向かいます。
スポンサーサイト
【2015/05/27 19:44】 | セラピー | page top↑
| ホーム |