手技療法の可能性
先週の大雪はすごかったですね。今日の名古屋は少しだけ積もりました。

さて、もうすぐ2月です。

今日は手技療法の可能性について。

私は、完全な病気は全体の2割だと思っています。

健康~未病までが8割。

そして、手技療法の守備範囲はこの8割+α。

+αというのは、観察力・検査技術・治療技術・患者を安心させる雰囲気の優れた治療者は、病気になってからの2割でもかなりのことができます。

当然、患者の反応のしかたによっては、難しいものでも完全回復する場合もあります。

ですが、病気の人も元は健康な身体や精神を持っている人がほとんどです。

その状態へ戻すのに、どの方法・どの経路・どのタイミングかを見極めることが技術者であり職人的な部分になります。

スポンサーサイト
【2016/01/25 17:22】 | その他・・・ | page top↑
| ホーム |