自律神経の機能と加齢
年齢と共に自律神経の機能には変化が起こります。

これは、自律神経の反応もそうですし、その自律神経から指示を送られて受け取る側にも言えることです。

皮膚の状態・筋肉の状態・筋膜の状態・血管の状態・骨の状態などの年齢的な変化にも大きな影響を受けます。

自律神経系の働きの検査を通して、身体の色々な箇所の機能レベルを見ていくのも大切な検査です。

特に、
筋紡錘(筋肉の中にある伸びた時に反応するセンサー)
末梢血管抵抗
電気伝導率
は重要視しています。

滑らかな身体を保つには、適度な運動・快眠・快食・ストレス発散も必須です。
スポンサーサイト
【2016/02/11 08:32】 | 研究 | page top↑
| ホーム |