時間による変化
同じ検査をしても結果は、時間により変化します

この時間というのは、

・1年の中での季節性
・1日の中で検査する時間帯
・1度の検査内でその検査を繰り返した時間

の3つがあります。

1日の中での時間変化では、例えば自律神経検査などは午前・午後の早め・夕方・就寝頃により違います。

午前の早い時間では正常であればコルチゾールの分泌量により交感神経の働きに大きな差が出ます。

交感神経の働きは、筋肉の張り(静止時のトーン)にも影響を与えます。

同じ検査でも、時間の変化を見なければ、結果を読むことはできません。

時間変化による結果の変化を無視すると言うことは、少なくとも自律神経の働きをあまり考えていないと言うことになります。

東洋医学に八綱弁証(はっこうべんしょう)というのがあります。

八綱弁証は東洋医学の中では基礎の基礎になります。

どういうものかというと、人の体の状態を表・裏・寒・熱・虚・実・陰・陽に分ける方法です。

漢方薬でも、症状に対してツムラの何番ではなく、本来はあらゆる診察法でその人の中の状態を把握して処方するものです。

ちなみにこの八綱弁証ですが、どれも自律神経系の検査が入っています。

というか、そこの部分を押さえておけば十分ではないかとも思っています。

自律神経検査で、こういう状態の時は「葛根湯」という話を勉強会でしたことがあります。

風邪の初期は、

・どこの筋肉・筋膜・の緊張はどうなるか?
・脈拍はがどういう状態なら初期と判断できるか?

など

それは、自律神経がある対応をできなくて、そうなっているので「ここを観察する」と分かる。

といった感じになります。

そして、大切なのが八綱弁証のように2つのどちらかに判断できるように検査ができてるということです

神業のような検査ではなく、「どっち?」と判断できる検査にしてあります。

とは言っても、伝統的な東洋医学的検査は本来こういう感じだったと思います。

これも、自分で観察し他の検査との比較をし続けたから、話せる内容です。

毎日毎日、飽きもせず、この検査を「この時期」の「この時間」の「この時に」やるとどういう結果が健康な人の範囲かを観察しています。

今3年経ちましたが、後2年くらいすれば、納得のいく情報が集まる気がします
スポンサーサイト
【2016/02/15 14:27】 | 研究 | page top↑
| ホーム |