電磁波過敏症の知人
電磁波過敏症の知り合いから電話がありました。

この方とは、ある波動機器の会社に説明を聞きに行った時に話をして

気が合い、それ以来電話での連絡をさせて頂いているんです。

治療家ではないのですが、ものすごく勉強家で

私よりも知識はあるかもしれません。

今ではかなり良くなり、将来は治療家になろうと考えているそうです。

世の中には、私の知らない病気がたくさんあります。

名前は聞いたことがあっても、実際に見たことがないものも無数にあります。

体のサインでもある病気・・・。

自然志向で、「熱は下げてはいけない(熱は体がウイルスや病原菌を殺すため

に出しているから・・・)」ということを良く耳にします。

それは飽くまでも熱の種類や原因が分かっている場合です。

何でもかんでも下げてはいけないわけではありません。

発熱の中(原因のなか)には、生命がすぐに危険な状態になるものもありま

す。

危ないものか、大丈夫なのか?それを判断できなければ安易に病人に

助言してはいけません。

上部頸椎の治療でも何でも良いわけではなく、骨折している時に上部頸椎を

調整しても骨折が整復されるわけではありません。

首自体を調整してはいけないものもあります。

上部頸椎だけではなく、どの治療法でも適材適所のように

その時に合ったものを選択するべきです。

なによりも、日頃から多少バランスが狂っても自動的に回復する体を

作っておくべきです。

適応力が、よく発揮された体。これが重要です。
スポンサーサイト
【2007/08/20 13:48】 | その他・・・ | page top↑
| ホーム |