スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
自分で考える
教えてくださいという人に、

「考えなはれ、人に聞いたことは直に忘れる。」

というのは、宮大工の西岡常一さんの言葉です。

誰でもはじめは、人に聞き、人を見て、人を真似することから始めます。

でも、そこから自分で考える力を養っていかなくてはいけません

人に聞くのは簡単です。でも、それだけでは成長はありません。

自分で分析して、対策を練り、最良だと思われる方法を試す。

そして、それを繰り返す。

自分で考える


【2018/01/28 21:38】 | その他・・・ | page top↑
生命力アップ
生命力をアップすることは同時に体の歪みや変調を調整できるような体を取り戻すことになります

生命力という表現は漠然としていますが、自律神経や姿勢からも判断できます。

空治療院では、環境への適応力も生命力の一つの指標と考えて、環境変化での検査を行います

特にその時の左右の差を細かく見ていくことで、間接的に左右の脳の機能も把握できます。

ある程度の年齢の患者さんがよく仰るのが、同窓会に出た時に周りの友人との姿勢や元気さの違いを感じるということです。

同じ年齢なの?と思うほど違うそうです

人は、重力という見えないストレスと常に張り合っています。そのストレスに対して、いかに省エネで適応できるかがキーポイントです。

空治療院では、その省エネになるためのポイントを自律神経なども同時に観察して調整を行なっていきます。

いつまでも若々しくいたいですね

【2018/01/19 18:15】 | 構造鍼 | page top↑
明けましておめでとうございます。
明けましておめでとうございます🌅

本年もよろしくお願いいたします

新年は6日からの診療です。

今年のお正月は、のんびり過ごしました

本をたくさん読めましたし、充実のお正月でした。

今年もさらにパワーアップしていきたいと思います
【2018/01/05 13:35】 | その他・・・ | page top↑
セミナー
12月2~3日に東京でセミナーを受講してきました

出席されてる先生方の顔ぶれが凄かったです

久しぶりの神経学のセミナーでしたが、内容が基本的なことも多かったので復習も含め良かったです。

今回は前庭系(平衡感覚と全身の関連)に的を絞ったセミナー内容で、特に秘密アイテムを手に入れられたことが大きな収穫です。

帰ってアイテムを早速試すと、ちょっと教わったやり方では、すでにある情報が含まれて知りたい情報ではないものが出てきてしまうことが分かったので、もう一段階前に検査を入れてやることにしました

前庭系と迷走神経の関係や、また交感神経との関連も勉強になりました。

前庭系の混乱はブレインフォグ等も引き起こすので、今後それらも観察していきたいと思います

あと、私が機能神経学を勉強し始めるきっかけになった岡山のF先生に初めてお会いできて、お話できたのが何よりも嬉しかったです
【2017/12/11 19:58】 | カイロプラクティック | page top↑
JCR登録カイロプラクター
WHO基準を満たすために3年間の安全教育プログラムを修了して、JCR登録カイロプラクターになりました。

やっと一息つけるので、少しのんびりしました。

12月から、またセミナーに参加したり、時間をかけて研究していこうと思います。
【2017/11/18 14:05】 | カイロプラクティック | page top↑
プログラム最終試験
今週末に3年間受けてきたプログラムの最終試験があります。

いや~、本当に大変でした。。。。

なんだか、今年の四月に入ったメンバーが受講生のページ見たら減ってる

正直、最初にいたメンバーのまま3年終わる年はあるのだろうかと思う。

とにかく毎日臨床している中で勉強をしていかなくてはいけないので、一気に忙しくなります。

もともと忙しい先生だと、体調が崩れるかもしれないレベルです。

その中でも3年間何度となく挫折しそうになっても続けられたのは、講師の先生方の熱意と同じプログラムを受けている他の先生のお陰です

一つ言えることは、絶対に受講して良かったということ

臨床の中で、再度この内容を勉強する機会はほとんどありません。

でも、内容は臨床家にとって、もっとも重要なことなのです。

時間もお金もかかりましたが、それ以上のものを確実に身につけました

さて、最終試験がんばります!
【2017/10/05 17:59】 | その他・・・ | page top↑
感覚の違いで脳へ信号を送る
空治療院で行う治療は、部分も全体も観察して行います

体の中で、自然な動きから外れていることを観察し、それを修正する信号を脳へ送るのです。

この修正するための信号を体のどのセンサーに対して送るかによって変えます。

分かりやすく言えば同じ部分を刺激しても、温かい刺激と冷たい刺激では、その先の変化が違うと言うことです。

それを、もっと微妙な方法を使いセンサーを通して脳へ信号を送ります。

それを受け取った脳が、自然な動きから外れていることを認識し、修正信号を問題箇所に送るわけです。

感覚センサーの特性を理解して刺激を送ると、脳はすーっと必要な信号を送ってくれます
【2017/09/20 10:48】 | その他・・・ | page top↑
NCMアップグレード
長年使用してきたC3000をアップグレードしました

2度もアメリカに送ることになったり、ちょっと大変でしたが、C5000になって本日から使えるようになりました。

今まではWindowsMeで動いていました。WindowsMeって何?みたいな感じですよね。

接続もUSBではなく、シリアルポートという古さ。。。

今日からはWindows10でサクサク動きます。当然USB接続です

で、C3000とかC5000って何?

あっ、患者さんは分かると思いますが、首の後ろの温度を測る機械のことです。

重心動揺計に乗った後に首の後ろをコロコロするやつです。

14年以上使って初めてのアップグレードですが、お陰様で14年使ったのに今回のアップグレードで新品同様です

これでまた10~15年は使えるかな

C5000

【2017/08/05 16:17】 | カイロプラクティック | page top↑
感覚を取り戻す
問題の起きている筋肉や関節などは、自分の感じている状態とは違うことがよくあります。

当然筋肉や関節の感覚が狂えば、動いたときに想像と微妙な違いが生まれ、それが筋肉や関節を痛める原因にもなります。

それと、筋肉や関節の感覚は脳内に地図化されており、それによって体のどこが動いたかを認識できます。

ちゃんと認識できることは大切で、来院される患者さんの多くもこの認識に狂いがあることが多いです。

実際の感覚は、狂いというよりもぼやけて感じるといったところでしょうか。

調整は、それを再度はっきりと認識させて、感覚からの脳の再設定を行っていきます。

すべての動きに関連することですので、調整後は複数のことが一気にうまくいくようになることも珍しくありません。

そこには、丁寧な観察と神経検査が必要です。
【2017/07/25 20:25】 | その他・・・ | page top↑
やってきました汗の内攻
先日、梅雨らくしくない空梅雨ですね!なんて言っていましたが、大雨をきっかけに梅雨空が続いていますね。

湿度も一気に上がり、やってきました汗の内攻

患者さんのお腹・首の後ろ・ふくらはぎを触ると冷たいです。

これが起こると本当にいろいろな症状が出ます。

汗の内攻は、起こしてしまったら再度汗をかいてきれいにふき取ること

そして、汗をかいて冷やさないことが予防になります
【2017/06/27 09:23】 | 構造鍼 | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。