FC2ブログ
長年かかって症状は現れる
症状は長年かかって現れる。当たり前のようであり、そうでないようでもあります。

確かに足首をグキッと捻ったものは「急性」で原因も明確です。ほとんどのケースですぐに治ります

しかし、どの治療院にいらっしゃる患者さんも同じですが、大半は長年かかって症状は現れます。

そして、症状の箇所以外にもそのバランスを取るための状態が出来上がっています。

体は常にバランスをとり、症状が出ないようにしていますが、それが限界を越えれば自覚できる症状として現れるわけです。

時間をかけて自覚した状態は、自覚できる部分をだけを変えれば症状が治るわけではありません。

オセロの白黒をひっくり返すように変わることは確かにありますが、それは大半の場合負担のかかっている頂点の位置がズレただけです。それでも症状は消えます。

でも、それでは症状が消えても、中で方向の変わった負担が進行し数ヶ月から数年後に別の症状や形になって現れるか、問題が奥に進行して内科的病気などを生み出すことになる可能性が高いです(私の私感です)。

その状態を患者さんは確認できないので分からないでしょうが、それでは結局はいい方向ではありません。

しかし、当然患者さんは「なるべく早く治りたい」のです。

治療者と患者さんは、そのことをよく話し合って、方向性と選択肢を検討することが必要になります。


【2018/10/29 09:00】 | 構造鍼 | page top↑
脳の疲れ方によって感じ方、見え方が違う
急に寒くなりましたもう10月も終わりですから。

今日は、今まで神経学的な検査や自律神経系の検査を通して人の感じ方見え方が違うということを知ったという話です。

人は、日々疲れても睡眠を取ることで回復するようにできています。

その疲れを回復させられるだけの睡眠が取れていないと疲労が蓄積していきます。

いわゆる疲れが抜けなくなった状態です。

実は脳の疲れがある人とない人との見え方も感じ方も全く違います。

同じものを見ても意見が全然違ったり、感動する場面が違うのも体の中、特に脳の状態によって変わります。

当然といえば当然のようですが、人は自分を理解してもらい受け入れてもらいたいと思っていることが多いのです。

しかし、脳の元気度の違いによって感覚の違う人を受け入れられない人がいるのも事実で、元気であれば比較的受け入れやすく、疲れがひどいと自分の感覚から離れるほど受け入れられないと感じます。

そういう意味でも過敏傾向の方などは、脳が想像以上に疲れていることが多いです。

しかも、あるレベル以上になると比例(疲れ1:脳の機能の低下1)ではなく、疲れ1に対して何倍にも疲労や精神的な落ち込みなどを感じて抜け出せなくなってしまいます。

ここまでくると、寝ても寝ても疲労は抜けず、気分もずっと落ち込んだ感じになってしまいます

心の状態は、体の動きや機能に正確に現れます。

上記の状態では、筋肉の異常緊張が起こって関節に痛みが出たり、また前ならなんでもなく簡単だったことが出来なくなってしまいます。

構造鍼では、その状態を自律神経検査や脳神経機能検査などを駆使して、体に負担にならない経路を探し出しながら治療を行なっていきます。

疲れが抜けない状態に対して、構造からだけの治療を行うと、余計に体の機能が落ちたりします。

また基本的な構造鍼の治療で変化がない人については、構造に他の原因(多くは感情と毒素)が関連しています。



【2018/10/28 23:13】 | 構造鍼 | page top↑
気候の変動と自律神経
名古屋は深夜に台風が通り過ぎました。
皆様のところは被害などは出ていませんでしょうか?

台風以外でも気圧や気温・湿度が大きく変化するときは脳はストレスを感じます。
自律神経の検査で患者さんがどれくらい適応できているかが分かりますが、ここ最近の変動にはついて行けない方も多いです。

基本的に気圧の下がっているときは体を積極的に動かして交感神経を刺激すると沈んだ気分が上がってきます。
おすすめは足踏みや腕を大きく回すなどの全身を大きく動かす運動です。

10月に入り、気温も急に低下していきます。体を動かすことで、自律神経を刺激し早めに適応できるようにしていきましょう。
【2018/10/01 19:11】 | 構造鍼 | page top↑
人体模型
治療業界のセミナーで模型を使わずに説明されることがあります。

実技の時点で、人体内をイメージできる人にはそれでもいいのでしょうが、初級の先生方には親切じゃないと思うのです。

構造鍼のセミナーでは、部位別に細かい模型を使って3Dでイメージしてもらい、それを人体に投影して感覚を上げていってもらいます。

どんなに綺麗な解剖学書でも平面です。やはり、立体に見えるとアプローチの正確性が一気に上がります。

最近出ているセミナーは、質問しても丁寧に答えてくれない。声が小さい本当に困ります。

高いお金を払って出る以上、その受講費分は吸収しようと必死ですが、講師が親切じゃない

そういうこともあり構造鍼のセミナーは表には出しませんし受講制限もキツイですが、普通のセミナーでは使わないような精密な模型を使い説明をします。

分からないことは、細かく聞いていただきたいと思います。

構造鍼のセミナーでは、質問されても嫌な顔はしませんので
【2018/09/20 18:34】 | その他・・・ | page top↑
夏バテ
やっと涼しくなったと思ったら、また暑いですね

いらっしゃる患者さんも夏バテの方が多いです。

とにかく、外気温とクーラーのかかった室内との差で体がバテてます

患者さんにお勧めしているのは週に一度でもいいのでお風呂に浸かることです。

足や首筋が冷えて固まって方が結構多いです。

お風呂に浸かり皮膚を温めると体全体が緩みます。

なんだか調子が悪いのが続いている方は、まずお風呂につかってみては
【2018/08/21 17:38】 | 構造鍼 | page top↑
一般医学
以前守備範囲という感じで書いたことがありますが、一般医学(医師による医学的検査や処置)と我々代替療法は守備範囲が違います。

一部分被っている範囲もあるとは思いますが、代替療法者が一般医学を否定するのもどうかと思いますし、一般医学の医師が代替療法を頭から否定するのもどうかと思います。

空治療院では、ご紹介者がいらっしゃる方でも電話の時点で症状や状態をお聞きして、ケースによっては先に病院で検査処置を受けてくださいという場合があります。

簡単に言えば、明らかな感染症や骨折など。また医学的知識に基づいて医師の診察が必要であると判断した場合は迷わずに、医師の診察をお勧めします。

これは、患者さんを守る意味と我々自身を守る意味もあります。

たまに一般医学を全く信用していない患者さんがいらっしゃることがあります。この場合、何故そう思うようになったのかをお聞きしています。大体の場合は、これまでの経験の中の医師の態度の悪さや説明不足が多いです。丁寧で説明もちゃんとする医師もいますが、確かにそうでない医師もいるようです。

逆に患者さん側も、予約の時間に頻繁に遅れたり、当日キャンセルを何度もしたり、そういうことは無いようにするべきです。

患者さんも医師も代替療法者も、それらの前に人です。

お互いに立場を理解しながら、いい関係でありたいものです
【2018/07/25 17:24】 | その他・・・ | page top↑
夏バテ
毎日暑いです😵異常な暑さですね

名古屋の暑さは、全国の中でもかなり暑いです。

汗の内攻→夏バテの患者さんが増えています

夏バテを起こしているかは、下半身と脳の機能を検査すると分かります

それを元に体の機能を回復させると、一気に体が楽になります

気をつけていただきたいのは、夜寝る時の格好です。

特に下半身がショートパンツや半ズボンなど膝から下が出ている状態エアコンを入れたまま寝ると体が下半身から冷えて体調が悪くなります。

薄手でもいいので、足首まであるズボンを履くことをお勧めします

もし体調が悪い状態が続いている場合は、首にタオルを巻いて寝てください。

それでも回復しない場合は、一度熱めのお風呂に浸かってください

その時に、必ず守っていただきたのが、お風呂から上がった時に汗を乾いたタオルで拭き続けることです。

それでも回復されない場合は、構造鍼の検査と治療を受けてみてください
【2018/07/23 20:09】 | 構造鍼 | page top↑
老化を止められるか?
代替療法の世界に入ってもう20年以上になります。

入った頃は、人の痛みはどうしたら治るだろうということを考えていました。

体の歪み?老化?ストレス?その他色々。原因は様々です。

しかし、ある人は歪んでも自然と歪みが治る、ある人は同じ年齢でも痛いところもない、ある人は同じストレスを受けても何とも感じていない。

この違いって何?なぜ人によって違うのだろう?

ここが分かるのに、随分かかりましたが答えにかなり近いであろうことが分かりました

これは、構造を観察して調整することに始まり、機能神経学を通して神経の働きが生活にどう影響するかを学び、機能と構造がホルモンや神経伝達物質に持続的に影響を与えるとどうなるのか、それらをどうやって解放して機能を取り戻すか。

私の学んできた治療法はどれも素晴らしいものでした。

でも、どれもある角度からは優れているが、他の角度から見ると検査法がイマイチだったりでした

構造鍼は、それらを再度色々な角度から総合的に分析し直して組み立てられています。

そして、今年に入ってやっと、人によって違うのが何故かを理解して、調整できるようになりました。

人は瞬間瞬間の積み重ねだということ、歪みも、老化の速度も、ストレス耐性も、その瞬間を体に再現して解放するというのが、今の構造鍼の治療です。

どの瞬間から体が正常な範囲から外れたかを、体から読み取ります。

この瞬間という点が、人生の質を上げも下げもするのです。

構造鍼では、下げる要素を徹底的に解除していきます
【2018/06/20 21:42】 | 構造鍼 | page top↑
梅雨ですね
久しぶりの更新です

梅雨真っ最中ですね

今年も、汗の内攻を起こしている患者さんが結構います。

汗の内攻は、下痢、頭痛、筋肉の痛みなどあらゆる症状を起こします。

汗の内攻での調子の悪さは、かなりきつく病院へ行っても悪いところはないと言われます。

汗の内攻の対処法は一つ、もう一度しっかりと汗をかくことです。

そのあと、乾いたタオルでしっかりと拭き取ります。

たったそれだけのことで、嘘のように楽になります

【2018/06/18 20:34】 | その他・・・ | page top↑
開院15周年です。
今日4月4日は、空治療院の開院記念日です

お陰様で、15年間続けてこられました

今では愛知県に限らず、他県からも多くご来院いただき、心より感謝申し上げます。

これからも今まで以上に一人でも多くの患者様を健康へ導けるよう努力していく所存です。

現在は、一般的な調整法ではなく、機能神経学を応用した構造鍼という治療法により治療を行っております。

構造鍼では、通常の肩こり腰痛以外でも、慢性疲労や化学物質過敏、電磁波過敏等にも神経学検査を行い治療していきます。

その結果、機能神経検査が安定してくる頃には、あらゆる症状が改善し健康な日々を送れるようになった方が大勢いらっしゃいます。

体の不調の改善には、まず細かい検査が必要です。これは開業当初の15年前よりも症状も複雑化し必要性が増しています。

体の状態を総合的に判断するには、筋肉や骨格の評価だけでは全く足らず、脳からの信号の強度や神経疲労による過敏性なども検査から読み解いていくことが大切です。

構造鍼を他の治療者に教え始めて5年が経ちました。構造鍼は、今後も表向きの大きなセミナーは一切するつもりもないですが、今勉強に来ている先生方が各地で大きな効果を出し始めていることを非常に嬉しく思っています。

構造鍼の特徴は、肩こりや腰痛などの一般的な症状から発達のアンバランスや上記の電磁波過敏等の通常医療では対応が難しいものにも幅広く応用できることです。

これからも、日々臨床をしながら、人の体の精密さと健康の素晴らしさを実感していただける治療をしていきたいと思っております。
【2018/04/04 00:00】 | その他・・・ | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ